スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕凪の街 桜の国

友人から借りたマンガです。
本当は買おう、買おうと思ってたのですが、ついに手が出せなかったマンガです。

内容は
昭和30年代を舞台にした皆実(みなみ)の物語、「夕凪の街」
平成10年台を舞台にした七波(ななみ)の物語、「桜の国」
の二本立てといった構成になってます。
七波にとって皆実は叔母に当たります。

まあ、検索すれば腐るほど紹介や感想に出会えると思います(映画化、ノベライズもされました)のでいまさらあれこれ書くつもりはないですが・・・少しだけ。

この作品は理不尽に全てを奪われるだけでなく、「奪われ続ける」ということの深い悲しみと怒りがやさしいタッチの中ににじみ出ています。
『はだしのゲン』と比較して読むと面白いと思います。
ただ、作品が短いためか、ある程度「ヒロシマ」という問題に興味を持った方が対象となる表現や省略が見られるのが残念です。(注釈である程度はフォローされてはいるのですが)

私は一応、被爆三世(祖父が入市被爆(原爆投下後、肉親の捜索や救護活動などで広島入りし、残留放射能で被爆すること))なのですが、原爆に関するあれこれは著者と同程度の認識しかありません。
被爆者の「何で生き残ったんかいね?」「何で死なにゃあいけんのかいね?」という相反する絶望は、広島に住み、様々な資料に触れてもなお、理解が難しい問題です。
この作品にはその絶望を出来る限り表現しようとしたとした努力が見られます。単なる反戦や反核、お涙頂戴ではないと思います。
端的なのはp.16の
ぜんたい この街の人は 不自然だ
誰もあの事を言わない いまだにわけがわからないのだ
わかっているのは「死ねばいい」と 誰かに思われたということ
思われたのに生き延びているということ
そしていちばん怖いのは あれ以来 本当にそう思われても仕方のない
人間に自分がなってしまったことに
自分で時々 気づいてしまう ことだ

というくだりです。

東京大空襲でも、その他どんな戦争の悲劇を紐解いても、被害者がこのような感情を抱くことがあるでしょうか?

そうそう、「夕凪の街」に登場する人たちの名前は実際の広島の地名から取られています。
そして、(巻末の)地図と結構符合してます。
「平野(苗字)」(京橋川に平野橋がかかってます)
「皆実」(南区皆実町)
「旭」(南区旭)
「霞」(南区霞)
「翠」(南区翠)この四きょうだいの町は旭を中心に隣町です。
「フジミ」(中区富士見町)
「天満」(西区天満町)
「古田さん」(西区古田)
「打越さん」(西区打越町)



スポンサーサイト

プロフィール

紅葉修

Author:紅葉修
もみじおさむと読みます。
趣味は鳥見、トンボ見、寺社巡り、ラテン語、ゲームなど。
観察は広島市中心。
ツイッター @volitare1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © 紅葉修
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。