スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初詣

七福神御守

今年の初詣は昨年出遅れた「二葉山七福神めぐり」に詣でてきました。
各寺社で印をもらい、それで御守りを作るのがこのイベントの趣旨です。

各寺社は昨年回っているので、詳しくはリンク先へどうぞ。


饒津神社
饒津(にぎつ)神社
交通事情上、どうしてもここがスタート地点になります。
朝8時。まだまだ人が少ないです。
人気神社に昼から参拝する人は、よほどのマゾか行列好きだと思います。


明星院
明星院

明星院山門
(クリックで拡大)
山門の像が風神雷神に変わってます!
すでに仁王ですらなくなった。パラダイス化が進んでます。

赤穂浪士像(プレミアムオート)
赤穂浪士像(クリックで拡大)
プレミアムオート(SS1/8 F2.4 ISO1000)
余談ですが、この度デジスコ用の新しいカメラとしてソニーのDSC-WX5を買いましたが、私のデジスコシステムには全く合わなかったので、この一連の写真を撮ったスナップカメラとして頑張ってもらってます。
プレミアムオートというモードがなかなかイカしてます。
シーンに応じた最適化写真を撮る優れものです。
処理時間が玉に瑕ですが、いやはや、すごいカメラですわ。
SS1/8ぐらい暗い場所でもピシャリと止まった絵ができるとは。ISO1000でもノイズは殆ど感じませんし。
これが光学3倍でもっと画角が狭かったらなぁ・・・

比較用
赤穂浪士像(プログラムオート)
赤穂浪士像(クリックで拡大)
プログラムオート(SS1/3 F2.4 ISO400)
だとこんな感じ。


鶴羽根神社
鶴羽根神社
昨年頂いた御守を返しにゆきました。
おかげさまで骨折の後遺症も全く無く、健康に過ごしております。

鶴羽根神社
鶴羽根神社枯山水
昨年工事中だった場所はこうなりました。

手水少女
手水少女(クリックで拡大)
見落としていたのか、引っ張り出してきたのか、ここにも手水少女が。
他では見ないタイプです。


東照宮唐門
広島東照宮
東照宮の立派な唐門は・・・アララ工事中。工期は一年なので、どうやっても初詣には避けられませんな。

東照宮、昔
工事現場に置かれていた昔の風景のパネル。
練兵場だったみたいです。

東照宮、今
だいたい同じアングルで、現在。
桜並木が車並木に。
広大な空き地は二葉山トンネル用地(だと思います)。


尾長天満宮
尾長天満宮
にぎつや東照宮に比べてここから先は静かなものです。


國前寺
國前寺
神社じゃないので手を叩くなとの注意書きがありました。
ごもっとも。

コメントにてgettengさんが教えて下った護法神社の狛犬も見直してきました。

護法神社狛犬
こちらが雄。立派ですw

護法神社狛犬
こちらが雌。意味深な縫い目?ですねえ


聖光寺
聖光寺
いよいよラスト。
10時前でしたが、まだまだ人はいません。
住職の方が気さくで、世間話をしながらスタンプラリーの台紙をお守り袋に入れるのをやってくれました。
「これ入れるのがなかなか難しいんですよ。こうやって紐の間をね・・・」
「まだアルバイトの人が来てくれてないからいろいろやらなくちゃ・・・」
(お一人で旗を出したり門松やったり、お守り売ったりしてました。広島東照宮では巫女さんだけでも6人以上が忙しくしていたというのに!)
お話では昼から忙しくなるとのこと。

氷
手水が凍ってすくえませんでした!
聖光寺は特に日当たりが厳しいみたいです。


ちなみにこのおまもりを作るのに1300円必要です!
(結構高いよなぁ)
今年は手を出しませんでしたが、七福神根付も作れます。(こちらは1000円で)
来年はこっちにしよう。
スポンサーサイト

明けましておめでとうございます

トラツグミ

明けましておめでとうございます。

昨年は、11月の半ばに交通事故で膝の骨を折り、鬱々とした年末を過ごしました。(コウライアイサを見た次の週ですよ!)
先日ギブスが取れ、ゆっくりリハビリを行っておりますが、なかなかしんどいです。
レントゲンには出ない軟骨にも傷がついている可能性もあるようで、そうなると山登りのできない体になってしまうなあ・・・
そうした中、鳥見に連れ出してくださった雅楽さん、度々お声をかけてくださった友人たちには感謝です。

ようやく歩けるようになってきましたので、無理のない範囲で元通りの生活を取り戻してゆこうと思ってます。


初詣は鶴羽根神社に行ってきました。
階段が少ないのと、隣の饒津(にぎつ)神社や東照宮に比べて人が少ないのと、なんといっても名前に鳥の名前が入ってるからです。
おみくじは大吉でした。「病気 次第に良くなる」というのは励みになりますね。
ただ、「旅 時期が悪い」というのにはがっくりですけど。

それでは、今年も、こっそり、だらだら更新をしてゆきます。


ちなみに、写真は干支にちなんでトラツグミです。
ディープなバードウォッチャーさんだったらここぞとばかりに「トラフズク」なんでしょうけど・・・んな鳥見たこと無いわ!
去年は牛にちなんでアマサギでしたが、来年のうさぎはどうするよ?

才蔵寺

二葉の里歴史の散歩道16番目、ついに最終回です。
最終回にして、ここ才蔵寺がもっとも私のツボに入りました。

まさにパラダイス(by探偵ナイトスクープ)です。
写真はパラダイスっぷりを列挙するので、本題に入る前に才蔵寺の成り立ちを。
(どっちが本題?)

真言宗才蔵寺は福島正則の家臣可児才蔵(かにさいぞう)を祀る寺です。
可児才蔵は槍の達人で「笹の才蔵」と異名をとりました。
単に戦に強かっただけでなく、福島氏改易の際起こるかも知れぬ戦のために味噌の貯蔵を行ったり、城下の人々に栄養価の高い味噌作りを奨励したり、貧しい人々に味噌を配ったという数々の味噌にまつわる言い伝えが残っています。
晩年には仏門に入り、人々の脳病の治療に専念したそうです。
これらの言い伝えなどがミックスされ、可児才蔵→脳・味噌→合格!というミソ地蔵伝説になったのです。

才蔵寺前地蔵尊
才蔵時の前にある地蔵尊
参道に入る前からパラダイス臭が漂います。
左手の碑文はこんな感じ(全文読めませんが)
交通安全

参道の階段にも仏様がずらり
参道
曰く、四国八十八箇所参りらしいです。

そして、
境内地はすごいことになってます!
サムネイルをクリックすれば大きな画像で楽しめます。
才蔵寺境内
石像と碑文がまさにカオス!
境内地が狭いので、より圧迫感あるパラダイスっぷりが楽しめます。
写真中央のありがたい言葉のようなのは他にもたくさんあります。

可児才蔵像の後ろにあるのがミソ地蔵です。
ミソ地蔵
お寺で味噌を買ってお供えします。
味噌は可児才蔵の故事に習い福祉施設に寄付されます。(売ったら二重に儲けている気もするが・・・)

才蔵像と大師像の間に見えるのは「さざれ石」
さざれ石
なぜさざれ石がここにあるのかは分かりません。

右手奥に見える建物には「さすり地蔵」「隻身愛情歓喜天金像」(こちらは見れません)。
さすり地蔵
さて、その歓喜天金像なのですが・・・
重要文化財?
重要文化財、だそうです。
帰って調べてみましたが、とりあえず、日本国、広島県、広島市の重要文化財ではないようです!!
おそらく才蔵寺の重要文化財なのでしょう。

ミソ地蔵のところに生えている小さな竹にもいわれがあります。
天然記念物?
文殊竹。天然記念物、だそうです。
帰って調べてみましたが、とりあえず、日本国、広島県、広島市の天然記念物ではないようです!!
おそらく才蔵寺の天然記念物なのでしょう。


これらのセンスに「石井良道」さんが深く関わっている(掲載の写真にも読み取れます)ようですが、現在の住職の方とは苗字が違います。
どういった方でしょうか?


さいごに
トラさん
境内奥の家の前にいた
「トラさん」です。
ツッコミどころが多すぎて・・・・
(昔、トラという名前の犬を飼っていて、それが亡くなったことを偲んで・・・という話なら、ほろりという流れですが、どうでしょう?)


地図

大きな地図で見る

聖光(しょうこう)寺

聖光寺山門
聖光寺山門

二葉の里歴史の散歩道15番目
二葉山麓七福神めぐりはついにラスト。
黄金の観音像がよく目立つ広島山聖光寺。

本堂
本堂

曹洞宗のこの寺の成り立ちは少々ややこしいです。
この寺は昭和50年に2つの寺が合併してできました。

もとからこの地にあったのは広島山瑞川寺。
広島でも最古の寺のひとつ。山号は毛利輝元がこの寺に泊まった際に変えられました。

もうひとつが現在の中区小町にあった洞景山聖光寺。
現在の寺号はこちらの寺からつけられてます。


この寺も赤穂浪士と深いかかわりがあります。

大石親子供養墓
大石親子供養墓

赤穂浪士討ち入り成就の報をもって寺坂吉右衛門が浅野家にやってきました。
その際、大石親子の遺髪を浅野家菩提の国泰寺に弔って欲しいと願い出ますが、浅野家は科人の弔いは難しいと遠慮。結局聖光寺(当時の瑞川寺)にて葬られ、供養墓が建てられました。


中庭は広く、東屋などもあり、ゆったりした時間をすごすことが出来ます。
表情豊かな十六羅漢が気に入ったので、少々大きな画像ですがまとめてみました。

十六羅漢
十六羅漢+仏さま
思い思いの場所でくつろいでます。
一応右手にあるものから並べてます。


他にもいろいろいるのを探して歩くのも楽しいです。

狛犬
狛犬。
他の新しさに比べて、かなりの年季。

蛙
蛙。
「建て蛙」「着蛙」「置き蛙」などたくさんいます。

梵鐘堂
梵鐘堂にもひっそり。

一休さん
山門にも。
かわいい。欲しいなぁ。


で、いよいよ最後の七福神は布袋です。

布袋
布袋尊
「限りなき 宝の布袋 みてはげめ 笑う門には 福来るなり」

中世以降布袋と禅宗が結び付けられたそうなので、つながりがあるといえばありますね。


地図

大きな地図で見る

尾長天満宮

尾長天満宮随身門
尾長天満宮随身門
このような門のある神社は珍しいそうです。

二葉の里歴史の散歩道13番目
二葉山麓七福神めぐり5番目
は、学問の神様菅原道真を祀る尾長天満宮。


1月と2月にそれぞれ訪ねましたが、さすがにこの時期は幟も多く、稼ぎ時といったところです。

随身門には左右大臣像があります。
お寺の仁王と同じ役割です。
道真ライトサイド
ライトサイドの左大臣

道真ダークサイド
フォースの暗黒面に堕ちた右大臣
この大臣像は道真ではありませんが、右大臣と言う共通点もあるし、考えさせられます。

尾長天満宮拝殿
拝殿
大正15年の豪雨で倒壊したため、昭和12年に饒津神社の招魂社を移築したものだそうです。

この天満宮は道真が大宰府に下る途中、ここに立ち寄って休息したという言い伝えがあり、拝殿の裏手には道真が座った石があります。
○○が座った石って世界中にありますが、みんな考えることは一緒なんですねえ。
また、平清盛がこの地で嵐に見舞われ、窮地に陥ったとき道真公の加護を求めたところ、九死に一生を得たとか。

道真腰掛石
道真腰掛石

天満宮にしては珍しく、ここには撫で牛がいませんが、代わりに「登竜門」があります。
登竜門
登竜門(竜神社)
絵馬を奉納する際、登竜門をくぐり、この竜神社の石を年の数だけ打ち、願をかけるという独特の作法があります。

さて、尾長天満宮には三対の狛犬がいますが、境内にいる古い狛犬には驚きの特徴があります。

鳥居の狛犬
鳥居のところの狛犬
拝殿近くの狛犬
拝殿近くの狛犬
フラッシュの光のせいで平面になってしまった。

問題の狛犬はこちらです。
境内入り口の狛犬
境内入り口の狛犬
ちゃんと、「獅子」「狛犬」となっております。
寛政6年(1793)の作品で、広島でも特に古いもののひとつです。

上の写真ではその特徴が見えないので、アップの写真を。
狛犬局部
狛犬局部

右のほうには「ついてて」左のほうには「ついてない」のが分かりますでしょうか?
つまり、この狛犬は雌雄(もともと狛犬は雌雄なのですが)の特徴がちゃんと描かれてる珍しいものなのです。

これをあとで知って、わざわざ夜明け前に撮りに行きました。(國前寺と順番が入れ替わったのはそのためです)
夜明け前でしたが、信心深い参拝者の方がいらっしゃいました。
それに対して、私のほうは局部を撮るためとは・・・・。
(ちゃんと参拝もしましたよ!)


さて、最後に恒例の七福神。
壽老人
寿老人
「玄鹿(くろしか)の 命長きに あやかれと 杖を引きつつ 世を救う神」
他のところみたいに小道具の部分で凝っておらず、シンプルな感じです。
鶴羽根神社の弁財天(学芸の一面も持つ)と入れ替えたほうがいいと思います。


地図

大きな地図で見る

プロフィール

紅葉修

Author:紅葉修
もみじおさむと読みます。
趣味は鳥見、トンボ見、寺社巡り、ラテン語、ゲームなど。
観察は広島市中心。
ツイッター @volitare1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © 紅葉修
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。