スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初詣

七福神御守

今年の初詣は昨年出遅れた「二葉山七福神めぐり」に詣でてきました。
各寺社で印をもらい、それで御守りを作るのがこのイベントの趣旨です。

各寺社は昨年回っているので、詳しくはリンク先へどうぞ。


饒津神社
饒津(にぎつ)神社
交通事情上、どうしてもここがスタート地点になります。
朝8時。まだまだ人が少ないです。
人気神社に昼から参拝する人は、よほどのマゾか行列好きだと思います。


明星院
明星院

明星院山門
(クリックで拡大)
山門の像が風神雷神に変わってます!
すでに仁王ですらなくなった。パラダイス化が進んでます。

赤穂浪士像(プレミアムオート)
赤穂浪士像(クリックで拡大)
プレミアムオート(SS1/8 F2.4 ISO1000)
余談ですが、この度デジスコ用の新しいカメラとしてソニーのDSC-WX5を買いましたが、私のデジスコシステムには全く合わなかったので、この一連の写真を撮ったスナップカメラとして頑張ってもらってます。
プレミアムオートというモードがなかなかイカしてます。
シーンに応じた最適化写真を撮る優れものです。
処理時間が玉に瑕ですが、いやはや、すごいカメラですわ。
SS1/8ぐらい暗い場所でもピシャリと止まった絵ができるとは。ISO1000でもノイズは殆ど感じませんし。
これが光学3倍でもっと画角が狭かったらなぁ・・・

比較用
赤穂浪士像(プログラムオート)
赤穂浪士像(クリックで拡大)
プログラムオート(SS1/3 F2.4 ISO400)
だとこんな感じ。


鶴羽根神社
鶴羽根神社
昨年頂いた御守を返しにゆきました。
おかげさまで骨折の後遺症も全く無く、健康に過ごしております。

鶴羽根神社
鶴羽根神社枯山水
昨年工事中だった場所はこうなりました。

手水少女
手水少女(クリックで拡大)
見落としていたのか、引っ張り出してきたのか、ここにも手水少女が。
他では見ないタイプです。


東照宮唐門
広島東照宮
東照宮の立派な唐門は・・・アララ工事中。工期は一年なので、どうやっても初詣には避けられませんな。

東照宮、昔
工事現場に置かれていた昔の風景のパネル。
練兵場だったみたいです。

東照宮、今
だいたい同じアングルで、現在。
桜並木が車並木に。
広大な空き地は二葉山トンネル用地(だと思います)。


尾長天満宮
尾長天満宮
にぎつや東照宮に比べてここから先は静かなものです。


國前寺
國前寺
神社じゃないので手を叩くなとの注意書きがありました。
ごもっとも。

コメントにてgettengさんが教えて下った護法神社の狛犬も見直してきました。

護法神社狛犬
こちらが雄。立派ですw

護法神社狛犬
こちらが雌。意味深な縫い目?ですねえ


聖光寺
聖光寺
いよいよラスト。
10時前でしたが、まだまだ人はいません。
住職の方が気さくで、世間話をしながらスタンプラリーの台紙をお守り袋に入れるのをやってくれました。
「これ入れるのがなかなか難しいんですよ。こうやって紐の間をね・・・」
「まだアルバイトの人が来てくれてないからいろいろやらなくちゃ・・・」
(お一人で旗を出したり門松やったり、お守り売ったりしてました。広島東照宮では巫女さんだけでも6人以上が忙しくしていたというのに!)
お話では昼から忙しくなるとのこと。

氷
手水が凍ってすくえませんでした!
聖光寺は特に日当たりが厳しいみたいです。


ちなみにこのおまもりを作るのに1300円必要です!
(結構高いよなぁ)
今年は手を出しませんでしたが、七福神根付も作れます。(こちらは1000円で)
来年はこっちにしよう。
スポンサーサイト

手水生物(西区新宮神社)と空如庵

新宮神社
新宮神社

お昼休みに現場の近くの寺社散策。(あらかじめ地図で目星をつけてました)
西区古江の新宮神社は南北朝時代に熊野の新宮社を勧請したのが起源です。
1865年に建てられた本殿は1990年の火災で全焼し、再建されたものが現在のものです。

狛犬
狛犬
明治23年。玉乗り型ではないが、スタンダードなタイプ。

古い社殿が好きなので、残念な気持ちになりましたが、手水舎に向かうと、一気に心がときめきました。

手水生物
手水生物

手水少女のエントリーで見られる女の子はいろんなところで見られますが、これは初めてです!
広島県神社庁のオリジナルキャラですよ。
(神社庁は庁がついてますが、国や県の公的機関ではなく、宗教法人です)
隣にある古江幼稚園の子どもが書いたというオチだったりして。
緑の尻尾が怖いです。
赤い毛のほうは多分女の子です。
「持ちかえてね!」とかすすいだ水を吐き出す仕草とか細かいツッコミ役のようです。

御神木?
境内にある御神木と見られる木
幹の部分は火災か寿命かで枯れ落ちているが、脇から新しい命が。



この後、近くにある空如庵も訪ねてみました。

空如庵
空如庵
入りづらい雰囲気。
一見普通の家に見えますが、庭園は立派でした。
家に帰って調べてみたところ、如来宗の尼寺とのことです。


地図

より大きな地図で 霜葉庵 を表示

手水少女

手水少女
旭山神社で撮影の「手水少女」

先日の饒津(にぎつ)神社で、手水の受け方を丁寧に教えてくれる神社通の女の子がいると書きましたが、その後、色々な神社で彼女を発見。

なんとなく気になってググってみたら、以下のサイト他数件を発見。

全国手水少女分布(徘徊の記録)

手水少女というネーミングが妙にヒット。

全国展開。
種類もいろいろあるもんですね。

でも、お寺では見たことないんですよね。
神社庁がらみか? にしては置いてない所も多い。

にぎつで初めて気になったので、それ以前に訪問した神社では、あるのかないのか記憶が定かではないのが残念ですが、メモ代わりに私が記憶している限りの神社を記していくことにする。

饒津(にぎつ)神社(広島市東区)
早稲田神社(広島市東区)
旭山神社(広島市西区)
大歳神社(広島市西区)
塩屋神社(広島市佐伯区)
臼山八幡宮(広島市佐伯区)

別バージョン
新宮神社(広島市西区)

さらに別バージョン
鶴羽根神社(広島市東区)

プロフィール

紅葉修

Author:紅葉修
もみじおさむと読みます。
趣味は鳥見、トンボ見、寺社巡り、ラテン語、ゲームなど。
観察は広島市中心。
ツイッター @volitare1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © 紅葉修
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。