スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスでのんびり(県民の浜探鳥会)

県民の浜

県民の浜。県内有数の海水浴場。手前に見えるのは天体観測用のドーム。他にも温泉、宿泊施設などを有する。

広島県支部としては初の開催になる県民の浜(呉市蒲刈町)探鳥会に行ってきました。

呉駅前から直通バスが出ているので、のんびりバスの旅を選択。
同乗したI先生のガイドのおかげでなんだか観光バスみたいでした。
瀬戸内の穏やかな海、ミカン畑などをゆっくり見ながらの小旅行は、普段の喧騒や忙しさを忘れさせてくれて、それだけで保養になりそう。
誰も寝てはならぬ 1 (1) (モーニングワイドコミックス)』のマキオちゃんじゃないですが、バス旅行にはまる人の気持ちも分からなくはないですね。

1時間あまりのバスの旅が終わり、県民の浜に到着。
心なし本土よりは暖かい?

まずは写真右手の岬辺りであび(シロエリオオハム)を探します。
期待に背かず登場! 陸から見たあびとしては最も近くで見ることが出来ました。
目鼻立ちまでは分かりませんでしたが、色の様子は結構しっかり分かりました。
換羽のため飛べないほどに短くなった翼をばたばたさせる様子や裏返って羽づくろいする様子も見ることが出来ましたが、カメラマンを乗せたあび観察船が近くによってしまい、あびたちは県民の浜のほうへ退場。
他にもオオセグロカモメ、セグロカモメ、ウミネコの3ショットやイソヒヨドリの美しい雄を見たりと島嶼部ならではの鳥見を楽しみました。

さて、先日紹介したコーワのアイピースをテストしてみたところ、とんでもないことが発覚。
焦点距離が短いほうでいっぱいいっぱいなのです!
つまり、ヘリコイド(ピント合わせ用の回転機構)を中ほどにセットしたとき、望遠鏡の筒をもっとも短く詰めなければ合焦しないのですよ。
望遠鏡は長くするのは簡単です。延長筒やヘリコイドなどを加えてやればいいのですから。特にヘリコイドを足せば、アイピースの違いによる合焦問題もある程度クリアできます。
短くするには・・・・部品を外してゆく他ありません。
つまり、最低限のシステムよりは短くならないのです。
私の現在のボーグシステムでは外せる部品はひとつ(延長筒S)だけ。
でも、これ外すと、合焦しない接眼レンズが出てくるのです。
倍率変えるとき困るので悩ましい!!
参照画像:ボーグ組み立て図

でも、見え味はかなり明るくクリアです。視野も大きく、目標を入れやすいですね。
25200円(楽天価格。税込み)分の価値は十分にありますよ。プラシーボ効果入ってるかもしれないですけど。
ただ、調子に乗ってx20-x60のズームレンズとかは買わないほうがいいだろうなあ。暗くてヤバいことになりそうなので。(なんだかんだ言っても対物径45mmはしんどい)

倍率は思ったより低くなりました。42倍となる7mmアイピースと比較してみたところ、推定30~35倍といったところでしょうか。
コーワTSN-660が全長310mm程度と、ミニボーグ45EDIIとほとんど変わらないので、倍率もあまり変わらないと思っていたのですが。


さて、探鳥会の続きですが、県民の浜に戻り、展望台からあびを探します。
すると・・・いるわいるわ。
きらきら輝く海に若干逆光気味ですが、50羽以上のシロエリオオハムとウミネコの群れ。シロエリオオハムは一斉に潜っては現れ、ウミネコは一斉に飛び立っては着水し。
のどかな春の海を楽しんでいるようです。

私たちも陽気の中でお弁当を食べ、その後、岬に続く山道を散策しました。

ガツガツ鳥を見るのもいいですが、こういうのんびりした鳥見も大好きです。
プチバカンスには最適の場所と思います。
スポンサーサイト

プロフィール

紅葉修

Author:紅葉修
もみじおさむと読みます。
趣味は鳥見、トンボ見、寺社巡り、ラテン語、ゲームなど。
観察は広島市中心。
ツイッター @volitare1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © 紅葉修
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。