スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初詣

七福神御守

今年の初詣は昨年出遅れた「二葉山七福神めぐり」に詣でてきました。
各寺社で印をもらい、それで御守りを作るのがこのイベントの趣旨です。

各寺社は昨年回っているので、詳しくはリンク先へどうぞ。


饒津神社
饒津(にぎつ)神社
交通事情上、どうしてもここがスタート地点になります。
朝8時。まだまだ人が少ないです。
人気神社に昼から参拝する人は、よほどのマゾか行列好きだと思います。


明星院
明星院

明星院山門
(クリックで拡大)
山門の像が風神雷神に変わってます!
すでに仁王ですらなくなった。パラダイス化が進んでます。

赤穂浪士像(プレミアムオート)
赤穂浪士像(クリックで拡大)
プレミアムオート(SS1/8 F2.4 ISO1000)
余談ですが、この度デジスコ用の新しいカメラとしてソニーのDSC-WX5を買いましたが、私のデジスコシステムには全く合わなかったので、この一連の写真を撮ったスナップカメラとして頑張ってもらってます。
プレミアムオートというモードがなかなかイカしてます。
シーンに応じた最適化写真を撮る優れものです。
処理時間が玉に瑕ですが、いやはや、すごいカメラですわ。
SS1/8ぐらい暗い場所でもピシャリと止まった絵ができるとは。ISO1000でもノイズは殆ど感じませんし。
これが光学3倍でもっと画角が狭かったらなぁ・・・

比較用
赤穂浪士像(プログラムオート)
赤穂浪士像(クリックで拡大)
プログラムオート(SS1/3 F2.4 ISO400)
だとこんな感じ。


鶴羽根神社
鶴羽根神社
昨年頂いた御守を返しにゆきました。
おかげさまで骨折の後遺症も全く無く、健康に過ごしております。

鶴羽根神社
鶴羽根神社枯山水
昨年工事中だった場所はこうなりました。

手水少女
手水少女(クリックで拡大)
見落としていたのか、引っ張り出してきたのか、ここにも手水少女が。
他では見ないタイプです。


東照宮唐門
広島東照宮
東照宮の立派な唐門は・・・アララ工事中。工期は一年なので、どうやっても初詣には避けられませんな。

東照宮、昔
工事現場に置かれていた昔の風景のパネル。
練兵場だったみたいです。

東照宮、今
だいたい同じアングルで、現在。
桜並木が車並木に。
広大な空き地は二葉山トンネル用地(だと思います)。


尾長天満宮
尾長天満宮
にぎつや東照宮に比べてここから先は静かなものです。


國前寺
國前寺
神社じゃないので手を叩くなとの注意書きがありました。
ごもっとも。

コメントにてgettengさんが教えて下った護法神社の狛犬も見直してきました。

護法神社狛犬
こちらが雄。立派ですw

護法神社狛犬
こちらが雌。意味深な縫い目?ですねえ


聖光寺
聖光寺
いよいよラスト。
10時前でしたが、まだまだ人はいません。
住職の方が気さくで、世間話をしながらスタンプラリーの台紙をお守り袋に入れるのをやってくれました。
「これ入れるのがなかなか難しいんですよ。こうやって紐の間をね・・・」
「まだアルバイトの人が来てくれてないからいろいろやらなくちゃ・・・」
(お一人で旗を出したり門松やったり、お守り売ったりしてました。広島東照宮では巫女さんだけでも6人以上が忙しくしていたというのに!)
お話では昼から忙しくなるとのこと。

氷
手水が凍ってすくえませんでした!
聖光寺は特に日当たりが厳しいみたいです。


ちなみにこのおまもりを作るのに1300円必要です!
(結構高いよなぁ)
今年は手を出しませんでしたが、七福神根付も作れます。(こちらは1000円で)
来年はこっちにしよう。
スポンサーサイト

海蔵寺

海蔵寺
海蔵寺山門

呉市の山の中の仕事が終わったので、さあ、今度は豊平か千代田かと期待してたら市内(庚午)に引き戻されてしまいました。
あれほど山の中がいいとアピールしたのに。
しょうがないので、庚午周辺(高須・古江・草津)の寺社を散策。

高須や古江はそれほど寺社が無いのですが、草津は歴史のある町だけあって、見どころたくさんです。
そのなかでも比較的誰でも楽しめる海蔵寺を紹介。

海蔵寺山道
海蔵寺山道
JR山陽本線が横切っている。

海蔵寺
海蔵寺(曹洞宗)
原爆の爆心地より5キロほど離れていましたが、爆風に因る被害を受け、平成12年に改修。
1400年頃創建され、厳島合戦(毛利元就と陶晴賢の戦い)では毛利方の陣がおかれ、浅野時代には浅野本家の家老、東城浅野家の菩提寺に、蛤御門の変では幕府と長州の談判が開かれた場所でもあります。
右下に見えるパネルは草津まちづくりの会が設置したもの。結構色々なエピソードが書かれており、町並み保存も受けている草津の町を歩く際には参考になります。

庭園
石組庭園
寺の裏側には落ち着きのある庭園がありました。
アオジやウグイス、イカルやヒヨドリが遊んでました。
山畔に対する土留を兼ねて組まれた庭園だそうで、地方色あふれる文化財的な古庭園という評価だそうです。
個人的にはトンボの季節が楽しみな感じ。


ここは墓所も見所です。

東城浅野家墓所
東城浅野家墓所
高野山奥の院山道をコンパクトにした感じの、いわゆる「墓地」とはちょっと違うイメージの空間です。
庭園として成り立ってます。

円墳
円墳
誰のものかもわかりませんが、なかなか見ない形のものです。

北条氏直の墓
北条氏直の墓
北条氏直(1562-1591)は秀吉との争いに敗れ、大阪で病没した大名です。
そんな彼の墓所がなぜここにあるのかは不明です。もちろん、真偽の程も定かではありません。

山中家墓所
吉和屋(山中家)墓所
山中鹿之助の二女盛江が嫁いだ先。吉和屋は彼女との結婚後、大いに隆興した。
参照:吉和吉兼(wikipedia)

山中盛江の墓
山中盛江の墓
先の北条氏直に比べるとずっとリアルで地元密着な歴史です。

追記
公式サイトがありました。公式なのに、これでもかというぐらい検索にひっかからない難物です。
曹洞宗海蔵寺


地図

より大きな地図で 霜葉庵 を表示

手水生物(西区新宮神社)と空如庵

新宮神社
新宮神社

お昼休みに現場の近くの寺社散策。(あらかじめ地図で目星をつけてました)
西区古江の新宮神社は南北朝時代に熊野の新宮社を勧請したのが起源です。
1865年に建てられた本殿は1990年の火災で全焼し、再建されたものが現在のものです。

狛犬
狛犬
明治23年。玉乗り型ではないが、スタンダードなタイプ。

古い社殿が好きなので、残念な気持ちになりましたが、手水舎に向かうと、一気に心がときめきました。

手水生物
手水生物

手水少女のエントリーで見られる女の子はいろんなところで見られますが、これは初めてです!
広島県神社庁のオリジナルキャラですよ。
(神社庁は庁がついてますが、国や県の公的機関ではなく、宗教法人です)
隣にある古江幼稚園の子どもが書いたというオチだったりして。
緑の尻尾が怖いです。
赤い毛のほうは多分女の子です。
「持ちかえてね!」とかすすいだ水を吐き出す仕草とか細かいツッコミ役のようです。

御神木?
境内にある御神木と見られる木
幹の部分は火災か寿命かで枯れ落ちているが、脇から新しい命が。



この後、近くにある空如庵も訪ねてみました。

空如庵
空如庵
入りづらい雰囲気。
一見普通の家に見えますが、庭園は立派でした。
家に帰って調べてみたところ、如来宗の尼寺とのことです。


地図

より大きな地図で 霜葉庵 を表示

牛田早稲田神社

鳥居
牛田早稲田神社

エイプリルフールですけど、ネタを考える気力もないほど疲れてるので通常更新。

昨年の2月に仕事の寄り道で牛田早稲田神社に寄ってきました。

拝殿
拝殿

1500年初頭に建てられた八幡神社で、毛利氏、浅野氏に武道の神様として信仰されたそうです。
全体的に新しく見えるのは、近年大規模な改修が行われたことを匂わせます。

手水少女
ここにも手水少女がいました。

狛犬
狛犬
安芸地方でよく見られる玉乗り型ではなく、スタンダードタイプ
天保11年に奉納されたものです。


特に変哲もない神社ですが、ここには他にあまり例のないものがあります。

古墳
弥生時代の墳墓
昭和32年に神社の改修で発見されたそうです。
ってことは、江戸時代とかにも無造作に掘り起こされてそうですね~

貝塚の下に、座った状態で成人男性の骨が発見されたそうで、体を伸ばして埋葬するのが一般的だったと考えられる当時の埋葬法とは異なる例として貴重。

墳墓
昭和33年、県の史蹟に認定されました。


他にも
庭園
寄進された庭園があったりして、普通に地元の人の憩いの場になっているようでした。


地図

より大きな地図で 霜葉庵 を表示
道は狭く、非常に迷いやすい。注意

河原町地蔵尊

河原町地蔵尊
河原町地蔵尊(090206撮影)

風邪でボロボロなので小ネタ。

広島市の河原町に信仰厚い地蔵尊があります。
享保(1717頃)に中島町から河原町にやってきた地蔵尊を宝暦(1755頃)にもとの位置に戻そうとしたところ、地蔵尊が重くなり一歩も動かず、以後この像を火除の守護として崇拝したそうです。
なんで、火除の守護になるのか分かりませんが、火災の際には霊告を発したそうです。

明治のはじめに河原町内を移動し、現在の位置に堂宇を建てられ、市もたち、賑わった。

原爆により消失したが、地蔵尊と石灯籠は発掘され、現在では被爆死した河原町民の冥福を祈って夏季大祭が開かれている。

・・・という謂れですが、一説にはこの近くにあった竹の鼻刑場の刑死者を弔ったものとも言われている。

余談ですが、河原町の河原は同音の瓦焼からきたらしい。

地図

より大きな地図で 霜葉庵 を表示

プロフィール

紅葉修

Author:紅葉修
もみじおさむと読みます。
趣味は鳥見、トンボ見、寺社巡り、ラテン語、ゲームなど。
観察は広島市中心。
ツイッター @volitare1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © 紅葉修
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。