スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大江戸鳥暦



たまには本の紹介を。

『大江戸鳥暦-川柳でバードウォッチング』
松田道生
1999年河出書房新社
ISBN 430901321X

絵画やさまざまな記録によって江戸時代の江戸で見られた鳥が浮き彫りになっている。
当時の江戸は水路や林、草原も多く、鳥にとってはよい環境だったようだ。
また、ツルやガンといった現在の東京ではありえないような鳥たちも見られていた。

筆者は江戸の鳥を切り取る手段として川柳を選んだ。
大衆文化である川柳に登場する鳥たちを見ることによって、江戸っ子たちがどのように自然と接してきたか、生き生きと描かれている。
ただ、川柳は当時の文化的背景、古典、洒脱のセンスに同調する感性など幅広い知識とセンスが要求されるので、なかなか難しい。

本書はこの難しい川柳に若干の解説を加えつつ、川柳を通じて描かれる鳥の生態を鳥のことを知らない人にも分かるように描いている(と思う)。


最初に描かれるのは、カラス。
「憎まれぬのは元旦の明烏」
やっぱり、朝早くから大声で鳴くカラスは江戸の人たちにもうるさがられていたようだ。

そのあと、ウグイスやウソなど季節で追って紹介される。

ホトトギスは最も歌に詠まれる鳥として紹介されている。
韻が踏みやすい、五文字であることなどが理由のようだ。
「時鳥二十六文字は案じさせ」
といったぐあいである。
ホホトギスの初鳴きを競って聞いたり、ユニークな托卵の習性など江戸の人たちにとっては非常に身近な鳥だったようだ。

秋の深まりと共にガンやハクチョウがやってくる。
数十年前までは東京にもガンが飛来していたそうだ。
「夜をのばし昼をのばす雁の声」
ガンがやってきたら夜が長くなり、ガンが去れば昼が長くなる、というわけ。

草原や水田が豊かだった当時の江戸にはツルもやってきた。
今では北海道でしか見られないタンチョウもいたそうだ。
ツルはもちろん日本人にとって珍重された鳥なのだが、それゆえ、庶民にとっては「見ることさえ許されない」鳥となってしまった。
ツル殺しは一家死罪、一族遠島というとんでもない重罪だったそうで。
ツルを捕らえ、天皇に献上できるのは唯一将軍の特権とされてしまったからだ。
当然ツルを食することが出来たのは極々一部の上層階級だけ、ということになる。
皮肉からか、こんな句がある。
「壽運拙く献上のツルとなり」
ツルはもちろん瑞鳥なわけだが、その割には運なく捕らえられてしまったねえ、と。

そして、現代でも議論を巻き起こす「都鳥」。
「名にしおば いさこと問はん 都鳥 我が思ふひとは ありやなしやと」
いわずと知れた伊勢物語。
この都鳥はユリカモメ(カモメ科)なのか、ミヤコドリ(ミヤコドリ科)のような別の鳥なのかの議論は現代人だけでなく、江戸っ子たちの間にもあったようだが、概ねカモメ説が有力だったようだ。

ユリカモメ
ユリカモメ

ミヤコドリ
ミヤコドリ

ただ、あれこれ議論するのは野暮だったみたい。
そのうえ、隅田川吾妻橋で見るカモメのみが「都鳥」だったらしい。
「鴎見てあれにしておけ都鳥」
「そくたいで見るがまことの都鳥」(そくたい=衣冠束帯。貴族(業平)の衣装)
「隅田川鳥さえ見れば都鳥」



鳥が文化の一員として身近であったこの時代がうらやましいと思える一冊でした。
スポンサーサイト

カルタゴは滅ぼされなければならない

よって麻生は滅ぼさなければならない(シートン俗物記)

もちろん、「カルタゴは滅ぼされなければならない」と連呼した大カトーのパロディですが、コメント欄の

「コギャルにしとくのはもったいないと思った。よって麻生は滅ぼさなければならない」
「劉備がオッサンすぎる。よって麻生は滅ぼさなければならない」


に大ウケしたので、久々のラテン語の更新です。

共和制ローマの政治家、大カトーことマルクス・ポルキウス・カトー・ケンソリウスは当時緊張状態にあったカルタゴに対し、主戦論をぶちあげ、とにかく演説の最後に「カルタゴは滅ぼされなければならぬ」と締めくくった。


これがどの程度人々に印象を与えたか、我々は知っている。

「優勝おめでとう! 感動した! よって郵政は民営化されねばならない」
「今週のゴルゴ13が面白い! よって消費税率を上げなければならない」
「豚キムチが辛かった! よって半島民は日本から出て行け」
「おれの髭かっこいい! よってユダヤ人を絶滅させねばならない」
「今日も晴れだ! よってパレスチナ人を虐殺せねばならない」
「そんなだんなの言いなりになっちゃダメでしょ! よって赤ワインが健康にいいんです」
などなど枚挙に暇がない。


霜葉庵は政治経済ブログではないので、ヨタはこのあたりにして本題に戻ろう。

「カルタゴは滅ぼされなければならない」は
Carthago delenda est.
(カールタゴー・デーレンダ・エスト)

たった3語です。大カトーのフルネームより短い。
実に流れのよいフレーズです。
オバマの「Yes we can!」ぐらいいい感じ。
このフレーズが深く突き刺さるのは、「カルタゴを滅ぼせ 滅ぼそう」といった上から引っ張りあげる言い回しより、「カルタゴは滅ぼされなければならない」という下から突き上げるような言い回しのほうが人々の不安をあおるのに適しているからでしょうね。


Carthago:カルタゴ。地名です。女性名詞です(これ重要)。主格として主語の機能を果たしています。

delenda:deleo(私は滅ぼす)の動形容詞delendus(滅ぼされるべき)の女性形です。Carthagoが女性名詞なので女性形です。
動形容詞とは動詞の形容詞的用法で、「○○されねばならない」という受動的な意味を持ち、義務・必要といったニュアンスも内包します。
研究社の羅和辞典では所相的形容詞という難解な用語があてられています。

est:英語のbe動詞に当たるsum(私は~である)の現在形三人称単数形です。ラテン語では動詞が文末に来ることが多いです。

広島市水道資料館

水道資料館
広島市水道資料館
大正13年に建造された送水ポンプ室を改修。

二葉の里歴史の散歩道の3番目のスポットは明治、大正期の建築であり、ライフラインの基礎の基礎、水道にまつわる建物。

広島市の水道は明治31年に創設されました。
明治、大正期の建物はレンガ造りでモダンな感じの中にも重厚さがあって好きです。

ろ過井
水道創設当時のろ過池の遺構(ろ過池壁面は大理石、この建物はろ過井)

広島は原爆で全てを失ったので、こういう古いレンガ造りの建物はそう多く残っていません。
私が知ってるのはここや、広島市郷土資料館、陸軍被服支廠跡、広電本社ぐらいでしょうか。
レンガ造りの特集もしたいですね。


閑話休題。

入り口には二枚の石額が置かれています。
深仁厚澤
深仁厚澤(しんじんこうたく)
こちらは伊藤博文揮毫だそうです。
意味は「(明治天皇の)広大な仁徳と(大自然の)水徳」といった感じ。
この送水ポンプ室に金箔で掲げられていたそうです。

夜晝舎不
夜晝舎不(ちゅうやをおかず)(晝(チュウは昼という意味))
こちらが創設当時広島軍用水道布設部長だった児玉源太郎中将揮毫。
取水門に掲げられていたそうで、昼夜をおかず流れ続ける太田川の恩恵をあらわしているそうです。


さて、ようやく中に入ります。
日曜と言うのに、客は私一人です。30分ほどいましたが、ついにこの資料館の中には職員一名と私しかいませんでした。

水道資料館2階
2階の様子。真ん中の球体がよくわかりません。


資料館は太田川の自然、水道の歴史、暮らしと水道で構成されています。
うち歴史に関しては古い計器や道具などが面白く、興味をそそられました。また、原爆で施設人員ともに甚大な被害を受けながらも懸命の給水活動が行われた記録も残されています。

コレラ予防ポスター
明治時代のコレラ予防ポスター
いちばんのお気に入り。妖怪コレラって虎っぽい。
コレラは都市の密度と不衛生な水を介して爆発的に流行したので、水道の必要性が高まりました。

明治の水道設備
明治時代のポンプや水道管など
こういう古い道具大好きです!
ま、骨董をやるお金も場所もないので、こういうところで見て楽しむだけですが。



しかし、現代の水道に関するアピールは貧弱で食い足りません。
もっとこんな技術を使ってるんです! こんな素材を使ってるんです! こんな研究もされてます!
みたいな科学・工学オタっぽい流れが欲しいですね。
学芸員の更なる奮起を期待します。


案内
開館日
 日・水・金・土曜・祝日
 夏休み(7/21-8/31)と水道週間(6/1-6/7)
 ただし、8/6と12/28-1/4は休館
開館時間
 9:00-17:00(入館は16:30まで)
入館料
 無料
駐車場
 なし(ズルをするなら隣接する東区スポーツセンターへ)

地図

大きな地図で見る

安楽寺

安楽寺山門
安楽寺山門
左手の大イチョウは樹齢350年と言われ、原爆の災禍にも耐えました。
山門を貫いて伸びたのではなく、山門再建の際、イチョウに敬意を表し穴をあけたとのこと。


二葉の里歴史の散歩道6番目のスポットはユニークな山門と原爆の惨禍を伝える安楽寺。


安楽寺
安楽寺は天台宗の古刹でしたが、1533年に浄土真宗に。
1758年の火災で焼失後、1788年に再建されました。
原爆により柱は傾き、屋根は吹き飛びましたが、古い建造物を継承するために、骨組みなどを修正するかたちで造営されたとのこと。

安楽寺の柱
北に傾いた本堂の柱(正面から向かって左手前にある柱)
この柱から上を見ると被爆によって焼けた桁が見える。


地味ですが、味わいのあるいいお寺だと思います。
ちなみにここだけスタンプ押せてないんですよね。2枚目の写真に靴がたくさん並べてありますが、法事だったので、中に入ることができなかったからです。
本尊は前身の天台宗時代の観音菩薩(1500年ごろ、市重文)だそうですが、上記の理由で見ることがかなわず。

地図

大きな地図で見る

山口の仇を岡山で討つ(笠岡で鳥見)

アリスイ
アリスイ
キツツキ科なのに自分で木を掘ることはしない変わり者。名の通りアリが主食。

先日、日曜の仕事の代休をとって笠岡の干拓地へ行ってきました。
本当は山へ行く予定だったんですが、寒波の襲来で手も足も出ず。

まだタカを見つけるのがうまくないので、なかなか苦戦させられました。
ノスリやチョウゲンボウは結構見つかるのですが、お目当てのハイイロチュウヒは見つけられず。

チョウゲンボウ♀
逆光のチョウゲンボウ(メス)
コンデジは逆光に弱いのが弱点ですね。
ちなみに頭をかじった後は、頭から丸呑みでした。

気分転換にカモでも見ようと干拓地はずれの池にやってきたのですが、そこで、見慣れぬ鳥が。
薄汚れたヒヨドリとツグミを足して割ったような・・・・
アリスイです!

アリスイ背中から
アリスイ。背中の黒条が識別点。
車のフロントガラス越しなので、青ニジミが残念。

このアリスイには苦い思い出があるので、喜びもひとしおです。

去年の11月にツメナガセキレイを見に山口まで行ったのですが、その際、スピード違反で捕まり、一発免停(32km/h超過)を受けました。
ツメナガセキレイ一種見るのにレンタカー、燃料、罰金、講習と、計85000円。
「それだけあったら北海道に行って黄色い(夏羽の)ツメナガ見れるよ」
ごもっともでございます。

ツメナガセキレイ
ツメナガセキレイ。冬羽


で、そのときツメナガの近くにアリスイがいることを教えてもらってたのですが、残念ながら見ることはかなわず。
せめてアリスイも出ててくれたら気分も楽になっただろうに、と心の中でくすぶり続けた鳥なのでした。

それが偶然にも目の前でゆっくり休んでくれてる!

まさに『江戸の仇を長崎で討った』気分でした。

ビデスコに挑戦(蓮田で鳥見)

先の日曜は午前にちょっとした仕事があったので笠岡の探鳥会に参加できず、残念。
しょうがないので、仕事終了後蓮田で鳥を見てきました。

しかし、レンコンの収穫も終わり、農閑期のこの時期、田には水がなく、シギチもほとんどいません。
(ケリ、タゲリ、タシギ、イソシギぐらいでした)
こんなときには目先を変えて、小鳥を探すことに。

タゲリ
タゲリ


ヒバリ
ヒバリ
雪が冷たそう。

オオジュリン
オオジュリン
アシの茎の中にいる何かを探して食べてました。


まだ一月ですが、もうモズの求愛行動が始まってました。
モズの求愛はオスが過眼線をメスに見せつけるために首を振ったりという行動や、メスにプレゼントを与えたりといったユニークな行動が知られています。
見てたら動きが面白いので、「動画いけるんじゃね?」と禁断の想いがムクムクと。
デジカメの動画も質が高くなってきましたが、デジスコはピントが微妙なのと、接続のアダプタを使ってないので、手ブレがひどいので無理かなあ・・・と思っていたのですが。
意外といけました。


モズの求愛行動(23秒。画像真ん中の再生ボタンをクリック)
右がオスで、しきりに頭を振って、いい男であることをアピール。


ついでにオオタカの採餌も撮ってみました。
こっちは首をあげたり下げたりばかりであまり面白くないかな。

オオタカ
これは静止写真。ハシブトガラスとの大きさの比較が出来ます。
オオタカが獲物を採るや否や、カラスが大集合して、まるでライオンのおこぼれを狙うハイエナのように周りを取り囲んだのでした。
意外にも餌を奪い取るような真似をせず。


オオタカ採餌(39秒)

意外と動画も面白いことを発見。
ただ、被写体が移動すると追うことが出来ないので、羽づくろいなどに限定した撮影になりそうです。

不動院

不動院金堂
不動院金堂(国宝)
金堂、楼門は臨済宗(禅寺)であったころの様式。
1601年福島正則の時代に真言宗へ改められた。

二葉の里歴史街道のトップ(あるいはラスト)を飾るのに相応しい、不動院

この寺は言うなれば『威風堂々』。
・原爆で損傷していない古刹
・歴代の権力者に庇護された名刹
・国宝、重文の宝庫であるという箔
の全てを兼ね備えた、広島随一の寺といえます。

歴史の重みを感じさせる建物、季節により色合いを変える風景、真言宗ならではの仏像の多さと、見所にも事欠きません。

不動院楼門
たとえ、楼門(国重文)が工事中であってもです。


不動院仁王
右が阿形(あぎょう)、左が吽形(うんぎょう)(県重文)
手元の史料によると、この阿吽像は1294年の作と言われ、この寺では梵鐘、薬師如来像の次に古いものらしい。

不動院鐘楼
鐘楼(国重文)、内部の梵鐘も国重文
鐘楼は1588年に改修されたらしく、改修したのは毛利、豊臣に仕えた恵瓊(えけい)と思われる。

不動院は安芸安国寺と呼ばれる大寺院で、武田氏の菩提寺として栄えたが武田氏滅亡で没落。しかし、毛利氏の台頭で復興(この時代の復興が今に伝えられるとされる)、毛利が萩に移った後、福島正則の庇護を受け、福島転封後広島に入った浅野家によって保護されたという流転の歴史をたどっている。

不動院庭園
不動院の見所は景色も美しいところです。
特に紅葉の時期は絶品。
写真のような冬枯れの時期も私は好きです。

不動院の堂のひとつ
金堂、楼門は禅様式なれど、不動院全体としてはこのお堂のように真言宗のテイストがプンプンしてます。さまざまなところに仏像地蔵など置かれており、禅様の金堂のような渋みのある建物との比較が面白く、歴史の移り変わりを感じさせてくれます。
ちなみにスタンプハイク用のスタンプはこのお堂でできます。

ちなみに右下の樽は
弘法大師(酒)
弘法大師。
モロ真言宗。
このお酒は高野山で飲んだことがありますが、思ったより淡白な感じだったと記憶してます。

金堂の内部を普段普通に見られるかどうかは不明ですが、5/5に開かれる薬師如来大祭では国重文である薬師如来像を拝むことができます。

地図

大きな地図で見る

日通寺

日通寺山門
日通寺山門

二葉の里歴史の散歩道2番目のスポットです。
順路どおりいけば、不動院からの更新になるはずですが、更新にかかる時間もあって、まずは軽くジャブから。

日通寺


日通寺(にっつうじ)
建立は1692~1695(元禄時代)。法華宗。
浅野2代藩主光晟(みつあきら)の妻満姫(まんひめ)の願いによって建立。
明治維新後は寺勢が衰退。
浅野家にまつわる様々な史料が残されている。
日通寺が管理する(?)浅野家墓所は入山禁止。入山禁止の緑地と聞くと、鳥にとってのサンクチュアリなんだろうなあとあらぬ想いが。実際、多くの鳥のねぐらになってるみたいです。

境内にある梅鉢紋入手水鉢を見損ねてるので、機会があったら追加します。

日通寺本堂
本堂は猫が入るからかなんかの理由で閉められてますが、入ってのお参りは自由みたいです。
「歴史まつり」の幟がいたるところにありましたが、どういったことをやってるのかさっぱりわからず。


地図

大きな地図で見る

二葉の里歴史の散歩道

広島市東区の広島駅裏にあたる二葉山周辺には名刹古刹が多い。
これらの名所を結んだ散歩道が昭和58年に広島市によって制定されていたことを先日知りました。
二葉の里歴史の散歩道という国宝不動院から才蔵寺までの約10kmの道のりです。

鳥見をするようになって、優先順位が下がってしまいましたが、寺社仏閣を訪ね歩く趣味があるので、早速トライ!
スタンプラリー(景品等は一切なし)もあるし!

とはいえ、全長10km程度を歩く時間も作れないので、仕事の合間などで要所要所を訪れることにし、先日ようやく全ポイント制覇です。

ちなみに、各寺社にリーフレットなどが置いてますが、置いてないところも結構あるので注意。
リーフレットは日通寺でのみ見かけました。社務所などで問い合わせればもらえるかも?
スタンプハイクの台帳は広島東照宮でのみ見つけました。でも、スタンプは各所にあるので大丈夫です。
各書類を入手するのは東区役所に行くのが確実かも。

以下のように区分けて、ちまちま紹介してゆきます。
(リンクなしは未更新)
☆3つは誰でも結構楽しめる(と思う)王道オススメスポット
☆2つは寺社好き向けかも。あるいはパラダイス的なスポット。
☆1つは道のりのついでなら・・・

不動院☆☆☆(特に紅葉の季節)
日通寺
広島市水道資料館☆☆
工兵橋、碇神社、八剣神社
安楽寺☆☆
饒津(にぎつ)神社☆☆
明星院☆☆☆(実はこの散歩道で最強の観光スポット)
鶴羽根神社☆(工事中のため。美しい蓮池がどうなるか?)
広島東照宮☆☆☆(江戸時代初期の建築様式)
金光稲荷神社☆☆(神社よりも森。散歩にもちょうどいい)
二葉山平和塔☆☆(景色もいい)
尾長天満宮☆(受験生は☆3つ)
國前寺☆☆
聖光寺☆☆
才蔵寺☆☆(受験生は☆3つ)

地図

大きな地図で見る

猿子と猿

極楽寺
極楽寺

先日、極楽寺山のふもとで仕事中に、鳥仲間のHさんに偶然出会った。
極楽寺山にマシコ類やトラツグミがいるそうな。
この日は早めに仕事が終わる予定だったので、八幡川でも見に行こうかと、双眼鏡とカメラは用意していたので、早速極楽寺山へ。

極楽寺は登山によし、キャンプによし、バードウォッチングによし(特に春・秋はハチクマの渡りで賑わいます)のいい場所です。

極楽寺からの景色
標高660mからの景色。左手に見える巨大な池が、八幡川探鳥会の舞台です。
埋め立ててしまうなんて、もったいない!

マシコを探してさ迷い歩きます。
午後3時というのに池が凍っており、ショックを受けますが、ホオジロの群れやルリビタキ、カラの混群に癒されながら探します。
極楽寺キャンプ場
キャンプ場にある池。日陰は凍ってます・・・

電話でアドバイスを受けながら、ようやくオオマシコに遭遇できました!
オオマシコは以前、ホオジロだか若鳥だか区別がつきにくい微妙な個体を見たきりなので、赤いヤツを見るのはこれが初めて。
深紅の姿が猿の赤いのに似ていることから、「猿子」(ましこと読む)という名前になりました。
ブレブレオオマシコ
写真がブレブレなのは、ISOをマニュアルで100に設定していたのを忘れてて、「シャッタースピード出ねえ!!!」とかほざいていたためです(涙
まあ、翼帯がないことでベニマシコと区別できるだけマシですが。

ベニマシコやトラツグミには会えませんでしたが、山を下る途中、20頭ばかりのニホンザルの群れに遭遇しました。
足を止めた私に警戒し、距離を置くものの、法面などの安全圏にいるものは草の実を食べたり、くつろいだりしてくれました。

ニホンザル
この子はまだ若い感じ。

ニホンザル親子
親子連れもいました。やっぱり警戒心が他の個体よりはるかに強いです。目が合うや否やダッシュで逃げられました。

「猿」尽くしの午後であったのでした。

極楽寺周辺

大きな地図で見る

曽根干潟

20090110130655
12:00曽根干潟
まだ干潮ではないですが、広島では考えられない広大な干潟に圧倒!

干潟のサイズにひるみ、鳥の遠さに絶望し、猛烈な風雪にタジタシ。
ズグロカモメ、ツクシガモ、クロツラヘラサギ、ダイシャクシギなど

雪!

20090110105714
山口県は雪景色〓
冬タイヤ規制ですよ
写真は伊佐PAより

九州バス探初日

8:30広島駅
天気が心配ですが、九州バス探鳥会に出発です!
参加者25名のうち、今年年男の私が一番若輩というのがビミョーな心境です。
車窓からヒドリガモやユリカモメ、トビなどチェック

当選は忘れた頃にやってくる

去る2008/8/13のエントリーで紹介した「被爆建造物は語る」スタンプラリーですが、こっそり9月中に完走してました。

で、もらった参加賞は、マグネット。
もらったときの脱力感はちょっと口にはできないです。
企画自体は今まで知らなかったヒロシマを知ることが出来て大変に有意義だったのですがね。

マグネット
参加賞のマグネット。デザインに難アリだけど、普通に使いやすいです。



それから4ヶ月、突然、平和記念資料館から大きな封筒が届きました。

封筒
イカルの切手
200円切手は埴輪、140円切手はイカル



スタンプラリーで住所をさらしたので、新しい企画展のパンフでも送ってきやがったか、と思いましたが、中から出てきたのは一冊の本。

原爆の絵

こういうものを頂くいわれは・・・と慌てましたが、同封の手紙によると、

特別記念品当選のお知らせ
の大きな文字が。

私がラリーの最後に選んだ広島アンデルセンで完走名簿をチラ見したとき、すでに数十番台だったので、特別賞など全然期待してなかったんですが、こりゃあ新年から縁起がいいことで。

本の内容は、当事者の描いた絵という、写真や文章を上回る訴求力のあるものでした。
英語の完全対訳があるので、語学の勉強にも使えそうです。
原爆の絵、中身

図録原爆の絵


あけましておめでとうございます

年賀アマサギ
アマサギ(2008/05/06撮影)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

正月も仕事なので、新年という気分ではありませんけど・・・

だらだら、とびとびで更新してきた霜葉庵ですが、今年も気が向いたら更新します。


ところで、なんで年賀にアマサギ?
分かった方は学名&ラテン語通だと思われます。

プロフィール

紅葉修

Author:紅葉修
もみじおさむと読みます。
趣味は鳥見、トンボ見、寺社巡り、ラテン語、ゲームなど。
観察は広島市中心。
ツイッター @volitare1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © 紅葉修
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。