スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夏初芸北

ミソサザイ
ミソサザイ

5/2は八幡川探鳥会に行く予定でしたが、雅楽さんから芸北行きのお誘いがあったので、そちらにご相伴することに。
昨年は忌まわしい事件の舞台となってしまった山ですが、現在は静謐を取り戻しています。

見島では見飽きたキビタキやオオルリですが、夏山で聞き、見るのはやっぱり違います。
クロツグミの天才的なさえずり、コルリ、ゴジュウカラなど、赤いヤツと黒いヤツ以外は揃っているようです。

ミソサザイも激しく縄張りを主張してます。
さえずりの元を探していたら、頭のすぐ上にやってきてくれました。

カケス
カケス

カケスやケラ類、カラ類といった常駐組も恋の季節。
囀ったり、姿を見せてくれました。


山を一通り堪能した後、広島県の事業として勧められている霧ヶ谷湿原の再生事業ですが、遊歩道が完成したそうなので歩いてみることに。

小魚やオタマジャクシ、ミズカマキリも見つかりました。
ミズカマキリを見るのは20年ぶりぐらいです。
後ろに伸びる呼吸管で、忍者の水遁の術のように呼吸しながら小動物を捕らえます。

ミズカマキリ
ミズカマキリ

ハッチョウトンボやヒロシマサナエが見られる時がくるのでしょうか?
楽しみです。
スポンサーサイト

元宇品探鳥会&蓮田

見島から広島に戻って10時間後の朝6時。
広島県支部の元宇品探鳥会の担当として南向きの灯台の前に立ってます。
われながらアホだなあ・・・と思いますが、GWは鳥三昧と決めたので、後には引けません。
(記事を書いてるのは5/6ですが、5/1の出来事です)

元宇品探鳥会は年50回以上開催される県支部の探鳥会でも屈指の鳥の見えにくい探鳥会だと思います。
それでも8人の方が集まってくださいました。
山の探鳥会はあまり人数が多くても上手くいかないので、このくらいが丁度いいです。

キビタキやエゾムシクイのさえずりを聞きながら林内と沿岸部をゆっくり歩き、2時間半。
瞬間芸とはいえ、なんとか全員がキビタキの姿を見れました。


探鳥会終了後、一旦自転車を自宅に戻し、今度は蓮田へ。

入り口でいきなりアカハラ。
冗談みたいな近距離です。

アカハラ
アカハラ

アカハラ頭
アカハラ頭部
微妙に青灰色が出てませんか、などと負け惜しみ。
構造色ですね。

ハシボソガラス
グルメなハシボソガラスを観ながら、ひたすら干潟の干潮を目指します。

なんとか潮の引き始めに間に合いました。

コアジサシ
しばしコアジサシを楽しんでいると・・・

シギの群れ
ハマシギの群れ
間違い探しです。
ハマシギだけじゃなく、別の種類の鳥が3羽混じってます。


答え
シギの群れ
キョウジョシギでした。

キョウジョがいるとは知らずに来たので、よりラッキー感増幅です。


まだ日暮れまではありますが、県支部の連絡会に顔を出さないといけないので、早めの退散。
(頑張ればヒバリシギに出会えたかもしれないのに!)

プロフィール

紅葉修

Author:紅葉修
もみじおさむと読みます。
趣味は鳥見、トンボ見、寺社巡り、ラテン語、ゲームなど。
観察は広島市中心。
ツイッター @volitare1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © 紅葉修
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。