スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近場回り(宮島)

大鳥居


今年の鳥納めは宮島へ。
年末の宮島は人が少なくて快適なのですよ。
もちろん狙いは黒いヤツと青いヤツ。

普段は大元公園から紅葉谷公園まで歩き、それから包ヶ浦に抜けるのですが、今日は夕方から仕事なので、紅葉谷から大元公園まで歩き、包ヶ浦方面はパス。
結果として鳥果に結びつきました。

エナガ
エナガ(動物の写真はクリックで拡大)

宮島に降り立って最初に見た鳥がエナガの集団。
いい感じで始まります。

タヌキ
タヌキ

タヌキを発見。
ここでシカ以外の野生動物を見たのは初めてです。

クロジ
クロジ

早速クロジに出会えましたが、年末とはいえ、宮島。
観光客に追い払われます。

ミソサザイ
ミソサザイ

妙に小さいと思ったらミソサザイでした。
2メートルほどの距離まで寄ってくれましたが、こいつも歩行者に飛ばされ。

ルリビタキ
ルリビタキ

ルリビタキは雌、若鳥、立派な成鳥雄と色々出会いましたが、よく動くし、肝心なときで人が来たりで、なかなかうまくゆきません。
写真の子は3メートルほどまで寄ってくれました。
暗くてISOを上げてたのでノイズが多い写真になりましたが。


急ぎ足での探鳥でしたが、想像以上に当たりでした。

それではみなさまよいお年を。
スポンサーサイト

近場回り(元宇品)

ネコ
仲良しネコ夫婦(右手が嫁です)

雨がやんだのを見計らって久々に元宇品に繰り出してきました。
毎年冬鳥として飛来するミヤマホオジロやツグミ類を期待して歩いてみましたが、鳥の数が少なめ。

アオジが4羽見られたり、ミヤマホオジロも雌が一羽だけですがなんとか確認。
ツグミ類はシロハラが散見されるのみ。ジョウビタキも雄が一羽。
猫のほうが多いくらいで。

カラの混群は進行スピードとかぶったのでいろんなところで出会いました。
ヤマガラ、メジロを中心にシジュウカラ、コゲラが参加してました。
ヤマガラがどんぐりを叩いたり、メジロがカイガラムシを食べてました。

メジロ
カイガラムシを咥えたメジロ(クリックで拡大)


冬の間にもう一度ぐらいは確認に行きたいところです。

近場回り(古川)

雪山
山には雪が

年末年始も夜間の仕事があるので、昼間の鳥見は散歩がてらに近場をうろうろ。
太田川の支流の古川を歩いてきました。
狙いだった白い額のカモは見られませんでしたが、カワセミ、アオジ、シメなど身近な鳥を楽しみながら往復6キロほど歩いてきました。

カワセミ
古川名物カワセミ
古川河口から安川合流点までに数羽見られる。
(鳥の写真はクリックすると拡大します)

アオジ
アオジ
条件のよい観察を楽しませてくれました。

モズ
モズ
とにかく多いです。

八幡川探鳥会

ウミアイサ
ウミアイサ(クリックで拡大)
なるべく変なポーズを選んでみました。


寒波襲来の報にもめげず八幡川探鳥会に行ってきました。
山あいを見ると雪が降ってます。
それでも多くの参加者で賑わいました。

潮が満ちつつある河口ではヒドリガモやスズガモに混じってホオジロガモやクロガモ、トモエガモといった珍客の姿が。
埋め立てが進む堤防内ではチョウゲンボウが見事なホバリングを見せてくれます。
わずかに残ったアシ原ではベニマシコの姿を見た方も。
まさに今年最後の探鳥会を飾るにふさわしい豪華キャストです。

お菓子の差し入れをみんなで分けあいながら鳥合わせ。
46種観察できました。



アフター探鳥会は普段は歩かない埋立工事現場の中の探索。
強い風に負けそうになりながらも、ちょっとした池に潜むコガモやハシビロガモなど楽しんでいると、
とんでもない大物を発見された方が!


オオモズ
オオモズ若鳥(クリックで拡大)

オオカラモズとの識別にしばし悩みましたが、サイズなどからオオモズと断定。
(木杭のサイズは3cm(~4.5cm)が一般的です。それから推定してこの鳥のサイズは20~25cm程度とわかります)

オオモズは測量用の木杭の上を飛び回り我々を楽しませてくれます。
「それ、あっちへ行った!」
「どこどこ?」
「重機から引いて4番目の青い杭」
そんな会話があちこちで繰り広げられます。

私はデジスコ(合成焦点距離約2000mm)だったので多少余裕がありましたが、一眼の方は戦場カメラマンのように盛土をカバーに撮っておられました。

もう4枚ほどどうぞ。

オオモズ
オオモズ(クリックで拡大)
背面から。脇羽で見えにくいですが、風切の白斑はかなり小さいです。

オオモズ
オオモズ飛翔パターン(クリックで拡大)
証拠写真にもなりませんが、白斑が小さいと思いませんか??
SS1/400では全く止まってくれなかったです。

オオモズ
オオモズ(クリックで拡大)
腰が白いところもオオカラモズとの識別点ですね。
わずかにピントが甘かったのですが、フォトショップ先生に自動シャープをお願いしたら随分すっきりしました。
アドビ信者じゃないですが、一万円でこれは安いです。

オオモズ
オオモズ(クリックで拡大)
正面からの顔も可愛い。


今年最後の大ボーナスでいい年が迎えられそうです。

鳥運も一段落

チョウゲンボウ♀
チョウゲンボウ雌

今日は雅楽さんと一緒に干拓地へ行ってきました。
実に素晴らしい天気。

特にアテがあるわけでもなかったのですが、ノスリやチョウゲンボウ、チュウヒといったタカ類やタゲリの群れ、海や池にはウミアイサやミコアイサなどを見ることができました。
ふらふらさまよっていると、いろいろ教えてくださる写真家のIさんに遭遇。
あれやこれやと教えていただきましたが、残念ながら見つけられず。
来週リベンジする予定です。

ウミアイサ
ウミアイサ
魚をとるために嘴がぎざぎざになってます。
デジカメが悪条件仕様(ISO400)のままだったのでノイズが残念。

タゲリ
タゲリ
最も好きな鳥の一つです。
飛び姿も実に優雅。

マシコ三昧

オオマシコ
オオマシコ

今日は雅楽さんと一緒に、いろいろ鳥情報を教えてくださるNさんオススメの山に行ってきました。

木曜に降った雪と、今朝の雨、午後からの風の懸念という三つの問題がありましたが、行くだけ行ってみようということに。
到着するころには雨も上がり、標高が低いうちは雪の影響は感じずに順調に進みます。
話に聞いていたアトリ科の鳥たちに注意して進んでいると、ベニマシコ、ハギマシコの群れに遭遇。

ハギマシコ
ハギマシコ

ハギマシコは以前見たときはシルエットだったので、ちょっと暗いながらもちゃんとした姿を拝見したのは全員初めて。
紫色のシックな色合いは通好みの美しさですね。
一心不乱に地面に落ちた草の実をついばんでいましたが、一段落したところで飛び去りました。
私たちもさらに山奥へ。


オオマシコ
オオマシコ

最初のポイントでオオマシコとハギマシコ登場。
すぐに隠れたものの、最初の一時間で三猿子見ちゃいました。

しかし、すぐにアイスバーンと化した雪に進路を阻まれます。
仕方なく徒歩に切り替え。

ハギマシコ
ハギマシコ

しばらく歩くと路肩の雪が楕円形に除けられ、中央に黄色いつぶつぶがあるのを発見。
・・・鳥の餌のようです。
そうです。この山はマシコなどを撮りたい写真屋さんのメッカでもあるのです。
フクザツな気分ですが、次に現れたハギマシコの群れは撒かれた餌よりも自然の草の実を選んで食べてました。
ちょっと安心。
とはいえ、相当人馴れしているのか、かなりの距離までカメラが寄れる(ってか、気にせず寄ってくる)のはやっぱりどうかなぁ。

オオマシコ
オオマシコ
(この日の画像は全てTSN774+DSCW300)

この後、マシコじゃない赤い鳥やカヤクグリを探しますが、残念ながら見られず。
最後にのんびりオオマシコを観察して本日は終了。

いろいろ考えさせられることもありましたが、マシコ三種を一日で見られたのは素直に嬉しいですね。
(ベニマシコの写真がないのは全然撮れなかったんですよ。)

太田川探鳥会

12/5の日曜日、夕方から仕事なので、手近な太田川探鳥会に行ってきました。
双眼鏡を持つのも初めてという方が全体の3分の1ほどにもなる探鳥会になりましたが、ムクの実を一生懸命に頬張るシメの群れやカワセミ、ハイタカ、イカルチドリにカモメが3種、太田川探鳥会では珍客になるスズガモも現れ、充実したものになりました。
天気も最高でしたし。

シメ
ムクの実にかじりつくシメ
ムクの実は人が食べても美味しいそうです。


ハイタカ雄
ハイタカ雄
間違いなくハイタカ雄と断定できる姿に出会えたのはほとんど初めてです。
しかし、飛んでるタカを撮るのは難しいです。フォトショ先生の力でここまで補正しましたが、いつになったら黒ツブレから卒業できるのやら。
これ以上トリミングをかけると補正時のノイズが相当出てしまうのが残念。

ハイタカ&カラス
カラスを追いかけるハイタカ
このハイタカ、気が強くてツミばりの攻撃力でカラスを追いかけてました。
それにしても、ハイタカ雄って小さい。

アカアシチョウゲンボウ

アカアシチョウゲンボウ
アカアシチョウゲンボウ

雅楽さんのご厚意で、去る11/3に会ってきました。
(11/6には抜けてしまったそうです)


夕暮れ迫る広大な農地に次々と現れるハヤブサ類。
これはチョウゲン、あれはコチョウゲンと6人の観察者は悪戦苦闘。

別の場所に現れてた幼鳥を観察してた方によると、あまりホバリングをせず、電線から飛び降りてはバッタを捕まえてるとのこと。
そんなわけで、ホバリングを繰り返す個体はあまり本気で見てなかったのですが・・・
ホバリングを終えた一羽が遠くの電線にとまったので、なんとなく望遠鏡を向けたところ、「あっ、いた!」と思わず大声を出してしまいました。

灰色の背中に白さが目立つ頬、赤みがかった下腹部、濃い縦斑。
まったくチョウゲンボウとは異なる姿でした。

(あとでBirder誌の『考える識別』を読むと、アカアシチョウゲンボウは結構頻繁にホバリングするそうです。先に見られた個体は単に横着だったようで)

陽が沈むまで十分に異国情緒あふれる来訪者を観察させていただきました。


この日は他にサンカノゴイなどを探してきました。

プロフィール

紅葉修

Author:紅葉修
もみじおさむと読みます。
趣味は鳥見、トンボ見、寺社巡り、ラテン語、ゲームなど。
観察は広島市中心。
ツイッター @volitare1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © 紅葉修
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。