スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/12メモ

最終日はまったり自然観察公園めぐり

谷津干潟へ。
アメリカヒドリがきてるらしいのですが、会えませんでした。
セイタカシギが12羽ほど。
風が強くて三脚がぶれるので、サンクチュアリセンターに避難したけど、ガラスの偏光がひどいのが残念。
掲示板を見て気づいたのですが、日曜だから各所で探鳥会やってたんですね。
後学のために参加しても良かったかも。
午後から葛西臨海公園へ。
スタンプラリーやってて、缶バッジもらいました。
アオジ、ハジロカイツブリをものすごく近くで堪能。
他にはホオジロガモ雌とか。

これにて鳥見旅行もようやく完了。
100%期待通りとは行きませんでしたが、無事故なのが一番ですな。
走行距離は1550kmほど。1200くらいで収まるかと思ったのですが。
見た鳥の種類はのちほど。
スポンサーサイト

2/11メモ

銚子再挑戦
カモメウォッチャーが多数きてるので、コバンザメ作戦。
カナダカモメ1w及び成鳥、モンゴルカモメ1w、ホイグリン(系)を確認。
ミツユビカモメも岸壁にて確認できた。
コクガンがここにも。今回は行く先々で出会う。
残念ながらアイスランドカモメには会えなかった。

それにしても、1wを識別してる人たちの会話を聞くと、セグロ系って言ったもん勝ちじゃ…という気になる。
また、セグロカモメの個体差には無頓着なのに、カナダカモメの初列風切の長さや色の濃さには厳格を求める姿勢もちょっと不思議。
ま、アメリカヒドリに純血を求めるのと同じようなものかな。

明日はレンタカー返却日なので、東京に帰還。
谷津干潟や葛西臨海公園を訪ねます。
三番瀬は入れないみたいなので。

2/10メモ

網地島二日目
ちなみにソフトバンクは全島圏外。
なぜか上陸直後は通じてたのですが。
船にアンテナがあるのか?

しかし、めちゃくちゃ寒い!
バスが来るまでの間、懲りずに島の北側から探鳥。
オオハムらしきをみるが、漁船に蹴散らされ。

バスで島の南へ。
運転手さんに灯台がいいよと教えていただく。

結論からいうと、
こういうのを期待してたんですよ!

オオハム、マダラウミスズメ、ウミスズメ。
ウトウまで出てくれました。
ウミスズメは海上で羽ばたいたり、海面スレスレを切り裂いて飛んだり。

最高でした。

寒波で東北に閉じ込められる前に南下。
明日は銚子再挑戦。

2/9メモ

石巻市。
津波で壊滅した街に心が痛む。

ついに網地島。
航路探鳥では田代島にてシノリガモ、コクガン。
汐亭さんに荷物を置いて、海鳥探索。
まずは島の北側から。
ヒメウ、シノリガモ、カイツブリ類はかなり見られるが、クロガモやウミスズメ類は全く見えず。

腕が悪いのか
運が悪いのか
条件が悪いのか

汐亭さんは新しくて気持ちのいい旅館。
料理は、まぁ、、、
わんこかわいい。自力で食堂のドアを開けて来たのはびっくり。

2/8メモ

宮城入り
まずは蒲生干潟へ。
津波で山一つ消滅したという。
コクガンが17羽も!
クロガモ千羽ほどの群れが沖合に。
蜃気楼の出る海上ではお手上げ。
地元の方に蕪栗沼は雪が大丈夫と聞き、予定変更。

蕪栗沼。
残念ながらタンチョウは出払ってました。
オオマシコ、ヒシクイ、チュウヒなど楽しむ。
しかし、巨大な池だ。

伊豆沼にも行ってみた。
オオハクチョウお腹いっぱい。でもコハクチョウは?
オオヒシクイ堪能。一日でどちらのヒシクイも見られて勉強になりました。
シジュウカラガンには会えず。
ガン2万羽来てるものの、相当広範囲に細かく散らばってるので、斐伊川の方が多く見える。

石巻市で車中泊。

2/7メモ

銚子二日目
土砂降り&暴風でろくに観察できないものの、ワシカモメもなんとか確認。
荒天ならではのミツユビカモメやヒメウも近くで見れました。
カナダは再発見できなかったものの、西日本で見えにくいものは一通り見れました。

寒波に飲まれて北上の機会を失ってはならないので、早目に北へ。
東海村の光景はいろいろ考えさせられます。
日立市から高速で広野へ。
福一の20km立ち入り禁止区域を見学。

いわきへ引き返し、湯本温泉を堪能。
常磐道から磐越道、東北道と大迂回。
路面の悪い下道を回避できる高速無料化は有難いけど、東北道の交通量は怖い。
1000円高速を走った時に感じた狂気はストレス。

明日は蒲生干潟から沿岸部を行きます。

2/6メモ

モブログの反映がされないので、再投稿。

夜行バスで東京に。
格安バスは隣が近いけど意外と寝れます。
耳栓と座布団、首まくらは必須。

レンタカーを調達し、銚子へ。
雨が降り始め、着く頃には本降り。
煙って、ろくに見えない…

『鳥くん』さんにお会いして、カナダ1wを教えてもらいましたが、??状態。
幼鳥はむずい。

まともな鳥果はシロカモメ一羽。
ほんとに初列風切が真っ白なのね。

夕食は近くの魚河岸料理 常陸にてちらかし丼を。
空いてたからか、サービス良かったです。

明日から銚子→網地島遠征!

もう、豆まきも終わってますが・・・
新年明けましたおめでてとうございます。

一年近くも絶賛放置中の霜葉庵ですが、久々の更新です。
IDとパス忘れかけてましたよ。

明日から念願だった銚子のカモメにアタックしてきます。
(到着は6日になります)
瀬戸内はカモメが少ないのでとても楽しみです。

ついで、という訳ではありませんが、空前絶後の津波と原発事故から一年たった東北の方まで足を伸ばしてみることにしました。
興味本位、といわれれば否定できない自分ですが、向こうで消費することが一番の復興支援と思ってます。
(寄付ってやつは一時の助けにはなっても持続的な復興の助けにはならないので)

選んだ探鳥地は石巻沖の網地島。
海鳥にチャレンジです。

東京でレンタカーを借りてのぶらぶら旅行。
雪と凍結と寒さが怖いです。
瀬戸内海沿岸の気候の安定性に慣れきってるので。
(福岡ですら「ありえねーくらい寒いし雪降る」と感じるレベル)

仕事の方は管理職も現場に出るほど絶望的に忙しいのですが、悲鳴は完全スルーで楽しんできます。

プロフィール

紅葉修

Author:紅葉修
もみじおさむと読みます。
趣味は鳥見、トンボ見、寺社巡り、ラテン語、ゲームなど。
観察は広島市中心。
ツイッター @volitare1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © 紅葉修
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。