スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆の旅(8/13:尾瀬、その1)

朝5時、尾瀬国立公園の入り口の一つ、鳩待峠に到着。
車だと駐車が大変な場所だが、二輪は余裕。
天気は快晴。旅に出て初めての快晴に心も踊る。

鳩待峠の夜

準備を整え・・・って思ったら、軽い折り畳みナップサックを忘れてきたことに気づく。仕方なく合羽は着こみ、ショルダーバッグとウェストポーチに色々詰め込む。

歩くルートは人気の山の鼻方面ではなく、アヤメ平、富士見峠への山道。
かつては人気ルートだったが、現在では廃れてしまったそうな。
鳩待峠→アヤメ平
こんな木道or山道をゆるゆると登ってゆく、地味な感じが受けないのかもしれない。

しかし、晩夏といえ、早朝。
コメボソムシクイ、コマドリ、ルリビタキなどのさえずりがこだまする。
ついつい姿を探して足が止まり、思わず時間を食ってしまった。

6時半、ようやく横田代からアヤメ平の開けた場所に到着。
アヤメ平
鬱屈とした山道が突如開けて広がる湿原。
アヤメ平
鳥もウソやモズ、ホオジロなどに変わってきた。
アヤメ平
眺望は格別。
アヤメ平
尾瀬っぽい風景。

朝早いのかわからないが、トンボの方はアキアカネが時折見らればかりで不調。
でも鳥の方はウソがさえずったり、親のモズに餌をねだるカッコウが見られたりと、大満足。

ウソ
ウソ雌
雌雄どちらもさえずります。お上品な声はアヤメ平によく似合う。

モズとカッコウ
モズとカッコウ
残念なことに、超逆光。木道からそれるわけにもいかず。

標高が高くなり、池塘が増えるに従って、トンボも登場してくる。

オオルリボシヤンマ
オオルリボシヤンマ
激しい縄張り争いを繰り返すため、翅はボロボロ

オオルリボシヤンマ
オオルリボシヤンマ
レンズの最短合焦距離未満でホバリングされることもしばしば

オオルリボシヤンマがあまりに近くにやってくるものだから、どんどん時間を奪われてしまう。
アヤメ平もほぼ終わりかけの8時頃、ついにお目当てのトンボが登場。
またもや黒い赤とんぼのムツアカネ。主に見られるのは標高2000mを超える八ヶ岳などだが、ここ尾瀬でも見られるとのことでわざわざ標高の高いアヤメ平に回ったわけだ。
時期は早めだが、しっかり出てきてくれた。

ムツアカネ
ムツアカネ雌
産卵管が飛び出ているのが特徴です。

ムツアカネ
ムツアカネ雌
雌は眉斑が発達する。志村けんのおっさんみたいだ。

ムツアカネ
ムツアカネ雌
腹部にたくさん付いているのはタマゴではなく、ミズダニというダニ。尾瀬のトンボは被寄生率が高いように思う。

雄を見ることはできなかったが、お腹の具合も時間も少々やばいので、足早に富士見峠に向かう。
9時頃富士見峠で一服してから、八木沢道を見晴台に向けて一気に下る。
時間計算すると、結構足早に下らなければならないが、思ったより険しく、緩やかなところは泥濘んでいたりと、なかなか辛い。リュック忘れたのが響く。
午前11時、ようやく見晴台。持ってきた水が丁度なくなったので助かった。
(後で尾瀬のHP見たら鳩待→富士見峠は2:40、富士見峠→見晴台は2:20とあったから並の速度で移動できていたようだ)

これからは楽々木道ハイキング。
(尾瀬その2に続く)
スポンサーサイト

Comment

2014.08.28 Thu 12:35  |  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • #

2014.08.31 Sun 00:50  |  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • #

2014.08.31 Sun 03:13  |  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • #
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://souyouan.blog10.fc2.com/tb.php/371-e2d6a597
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

紅葉修

Author:紅葉修
もみじおさむと読みます。
趣味は鳥見、トンボ見、寺社巡り、ラテン語、ゲームなど。
観察は広島市中心。
ツイッター @volitare1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © 紅葉修
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。